マリー・シディ・ストイカ

マリー・シディ・ストイカ

生まれました: 1906

オーストリア

マリーは、キャラバンを組んで旅をし、馬の行商人として生計を立てていたロワラ・ロマ族と呼ばれるジプシーの部族でした。彼らはオーストリアの首都ウィーンで冬を過ごし、オーストリアの田舎で夏を過ごしました。マリーは、18歳で同じロワラ・ロマ族のカール・ストイカと結婚しました。マリーの家族はローマカトリック教徒で、彼女の祖先は200年以上前からオーストリアに住んでいました。

1933〜39年: 1936年まで、私には6人の子供がいました。私たちはキャラバンを組んで生活し、自由、旅、勤労に慣れ親しんでいました。1938年の3月にドイツ軍がオーストリアを併合した当時、私たちの幌馬車はウィーンの野営地に停めてありました。ドイツ軍は私たちにそこに留まるように命じ、私たちは公民権を失いました。私たちは住まいを幌馬車から木造の家に変え、焚き火ではなく、オーブンで料理する方法を覚えなければなりませんでした。

1940〜44年: ジプシーは、「異人種」の一員として強制的に登録されました。私たちの野営地はフェンスで囲まれ、警察の監視下に置かれました。その1年後、ドイツ軍は私の夫を連れ去り、その2〜3か月後、夫は遺灰となって戻りました。深い悲しみの中、私は自分の長い髪を切り、神父の助けを得てこっそりと夫の遺灰を聖別された土地に埋葬しました。最終的に、ドイツ軍は残っていた私たちをビルケナウにあるジプシーを収容するナチスの収容所に移送しました。私は、あの恐ろしい場所で自分の子供たちの世話に最善を尽くしましたが、末の息子はチフスで亡くなりました。

1944年に、マリーはラーフェンスブリュックに移送されましたが、1945年の4月にベルゲン・ベルゼンでついに解放されました。戦後、マリーは生き延びた5人の子供と再会しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.