モイシェ・クロル

モイシェ・クロル

生まれました: 1912

ポーランド、ラドム

モイシェは、ラドムでイデッシュ語を話すユダヤ人の両親のもとに生まれました。工業都市ラドムは、ユダヤ人は働くことが許されなかった軍需工場と、多くのユダヤ人が働いていた皮革産業で知られていました。モイシェは、10代のときに学校を卒業し、婦人服の仕立て職人になるために弟子入りしました。モイシェは免許を取得して、認定仕立て職人となり、ラドムに定住しました。

1933年〜1939年: 1939年までに、私は婦人服を専門とする熟練仕立て職人となりました。地元の反ユダヤ主義組織が反ユダヤ主義のポスターを掲示して、ユダヤ人企業のボイコットを提唱していたのを覚えています。1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。その7日後、ドイツ軍がラドムに侵攻してきました。ポーランドの反ユダヤ主義は、その後に続いた残虐行為とは対照的に衰えました。

1940年〜1944年: 1941年4月、私はラドムのすべてのユダヤ人市民と共にゲットーへの移住を強いられました。1942年、私と他の熟練仕立て職人は、ドイツ軍に親衛隊の店で働かされることになりました。その8月、ドイツ軍はラドムの2つのゲットーを一掃し、何千人ものユダヤ人をトレブリンカ絶滅収容所に移送しました。技術を持つ他の職人と同様に、私は強制労働のためゲットーに残されました。しかし、一斉検挙は続きました。私たち強制労働者は、殺されるために引き出されるのを待っている、小屋に閉じ込められた鶏のようでした。

2年後、モイシェはドイツ国内の強制労働収容所に移送されました。モイシェは、死の行進中にダッハウの近くで米軍に解放され、戦後米国に移住しました。