サラ・リヴカ・フェルマン

サラ・リヴカ・フェルマン

生まれました: 1923

ポーランド、ソコルフポドラスキー

サラは、イディッシュ語を話す敬虔なユダヤ教徒の家庭に7人きょうだいの一人として育ちました。彼らが暮らしていたソコルフポドラスキーは、製造業が盛んなポーランド中部の町で、およそ5,000人という多くのユダヤ人が住んでいました。サラの両親は、穀物店を経営していました。サラは1930年にソコルフポドラスキーの公立小学校に通い始めました。

1933年〜1939年:1937年に14歳で中学校を卒業すると、寡婦となった母親を助けるために一家の穀物店を手伝いました。その2年後、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。ドイツ軍の戦闘機がソコルフポドラスキーの市場やその他の民間施設を爆破しました。9月20日にはドイツ軍が町に入り、その3日後に町で最も大きなシナゴーグを焼き払いました。その後、ドイツ軍によって一家の穀物店が差し押さえられました。

1940年〜1942年:ドイツ軍は、その後2年間にわたってユダヤ人の行動を制限し、やがてユダヤ人であることを示す星を衣服に付けることを命じました。1941年9月28日にドイツ軍はゲットーを設立し、その中にユダヤ人を収容しました。そのおよそ1年後、ユダヤ教で最も神聖な祝日にあたる贖罪の日に、ドイツ軍はゲットーの人々の検挙を開始しました。抵抗したり隠れようとした人々は、射殺されました。サラは、母や弟と共に貨物列車に乗せられました。

1942年9月22日、サラと家族はトレブリンカ絶滅収容所に送られました。サラは到着後まもなくガス室で殺害されました。19歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.