ジグモンド・アドラー

ジグモンド・アドラー

生まれました: July 18, 1936

ベルギー、リエージュ

ジグモンドの両親は、ベルギーに移住したチェコスロバキア出身のユダヤ人でした。 彼の母のリブカはシャツの仕立て職人でした。 彼女は若い頃、その数年前に家族でリエージュに移り住んだ兄のジャーミーを追って、安定した職を探しにベルギーに来ました。 リブカはリエージュで、実業家のオットー・アドラーと出会い、結婚しました。 夫婦は家族を作ることに期待を抱いていました。

1933-39: ジグモンドは1936年にアドラー家に生まれましたが、母は1年後に亡くなりました。 父は再婚しましたが、結婚は長くは続きませんでした。 ジグモンドの父は3回目の結婚をし、間もなくジグモンドには異母妹が生まれて、一家の生活は落ち着きました。 ジグモンドは少年の頃、わずか数ブロック先に住んでいた伯父のジャーミーの家族をよく訪ねました。

1940-44: ジグモンドが3歳のとき、ドイツ軍がベルギーを占領しました。 2年後、ドイツ軍は彼の父を強制労働のために移送しました。 その後ジグモンドの継母は、ジグモンドを伯父のジャーミーと伯母のチェイジュに預けてリエージュを去りました。 ナチスがリエージュのユダヤ人の一斉検挙を始めたとき、伯父のジャーミーのカトリック教徒の友人たちは、ユダヤ人の身分を隠す偽造書類を入手する手助けをし、近くの村で家を借りてくれました。 2年後の日曜日のある朝早く、ゲシュタポが家にやって来ました。 彼らはユダヤ人がそこに住んでいると疑っていました。

ジグモンドと伯母と2人の従兄弟はメッヘレン捕虜収容所に送られ、その後アウシュビッツに送られました。7歳のジグモンドは1944年5月21日にガス室で殺害されました。