証言者の歴史

アブラハム・レベント

他の多くのユダヤ人と同じように、レベントはワルシャワのゲットーに閉じ込められていました。 1942年、アブラハムが床の下に隠れていたとき、ドイツ軍は彼の母親と姉妹を襲撃して捕まえました。 彼女たちは殺害されました。 アブラハムは近くの強制労働所に送り込まれましたが、脱出してゲットーの父親の元に戻りました。 1943年、2人はマイダネクに移送され、ここでアブラハムの父親は亡くなりました。 アブラハムはその後、スカルジスコ、ブーヘンヴァルト、シュリーベン、ビジンゲン、ダッハウに移送されましたが、米軍によってドイツ人の避難した囚人として解放されました。

謄本

私は横たわっていたことを覚えています。 ある人が「おお、なんてことだ」と泣きながら言いました。 その様子はこうでした。 彼らは人々を抱き上げはじめました。 1人ずつ抱き起こしました。 ほとんどの人は救うことができず、死んでいました。彼らは僅かながら生きている人々をトラックやジープに乗せ、病院やテントに連れて行き、水を与えました。 また、赤十字からの小包を与えました。 これが悪かったのです。小包には粉ミルク、チョコレート、肉の缶詰が入っていました。小包をもらった人々はあまりにも飢えていたので、何も考えずに食べてしまいました。 これを食べたことで数百人が死にました。なぜなら、人々の胃は食べ物に慣れていなかったのです。 私の隣には男の人がいました。かつて彼が医者だったかどうかはわかりません。彼も半死の状態でした。 彼はハンガリー人かルーマニア人だったと思います。彼は小包を受け取ると、私にこう言いました。「何も食べるな。 何も食べるな。 何かを食べたら死ぬ。 唯一できることは、砂糖を持っているのなら、その砂糖を口に入れて吸うことだ。 すべきことはそれだけだ。残りはすべて捨てろ。 もし取って置きたいのなら取って置け。でも何も食べてはいけない。 口に牛乳を入れてはいけない。 チョコレートを食べるな。 肉を食べるな。」彼らはスパムの缶詰を与えていました。「食べるな。もし食べたら死ぬ。」 このようにして、 物を食べた人々が下痢をして死んでいきました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.