証言者の歴史

アブラハム・レベント

他のユダヤ人と同じように、レベントはワルシャワのゲットーに閉じ込められていました。 1942年、アブラハムが床の下に隠れていたとき、ドイツ軍は彼の母親と姉妹を襲撃して捕まえました。 彼女たちは殺害されました。 アブラハムは近くの強制労働所に送り込まれましたが、脱出してゲットーの父親の元に戻りました。 1943年、2人はマイダネクに移送され、ここでアブラハムの父親は亡くなりました。 アブラハムはその後、スカルジスコ、ブーヘンヴァルト、シュリーベン、ビジンゲン、ダッハウに移送されましたが、米軍によってドイツ人の避難した囚人として解放されました。

謄本

ゲットーでは飢えが非常に深刻で、人々は道端に転がって死にかけていました。幼い子供は物乞いをして歩き回っていました。毎朝外に出ると、誰かが横たわって死んでおり、新聞や毛布のような物がかぶせてありました。人々は亡くなった方を小さな荷車で墓地に運び、集団墓地に埋葬しました。 ドイツ軍がゲットーの人々に食べ物を与えなかったために、毎日何千人もの人々がただ栄養失調で死んでいきました。 食べられるような物はありませんでした。 何かを買いに行ったり、配給をもらったりすることはできませんでした。 不運にも 食べ物を持っていなければ、死ぬのです。そういうものでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.