証言者の歴史

ベラ・ジャクボヴィッチ・トーベイ

ベラは、ソスノヴィエツに住んでいたユダヤ人家族のもとに4人の子供の長女として生まれました。彼女の父親は編物工場を経営していました。ドイツ軍が1939年にポーランドに侵攻すると、工場は接収され、一家の調度品はドイツ人女性に引き渡されてしまいました。1941年、ベラはソスノヴィエツのゲットーにある工場で労働を強いられます。1942年も終わる頃、家族はベンジンのゲットーに送られました。ベラは1943年にはグロス・ローゼンのグレーベン補助収容所、1944年にはベルゲン・ベルゼンに移送されましたが、1945年4月に解放されました。彼女は1945年4月に解放されました。

謄本

ゲットーの指導者だった[Moshe]モイニェク・メリンは、通りで父と出会いました。父のことを理解し、好いていました。彼は父のために働いていたのです。彼は義勇兵の仕事を父に提案してきましたが、父は次のように答えました。「どうして私が義勇兵になると思ったのでしょうか。そのようなことをするのは、私にとっては非常に難しいことです」。モイニェク・メリンは言いました。「知っていると思いますが、恐ろしいことが起こっていて、人々が消えていっているのです。今起こっている戦争は、やがては終わるでしょう。1ヶ月後か、半年後に終わるかもしれません。私はこのゲットーを手放したくないのです。できるだけ多くの人たちを守りたいのです。もしあなたが義勇兵として働くのなら、家族の身を守れる可能性が高まるのですよ」。父は彼にこのように答えました。「私は敬虔なユダヤ教徒です。私には、他人の家に行き、あなたの言う恐ろしいことが起こっている場所に誰かを連れて行くことなどはできません」。モイニェク・メリンは、苛立った様子でこのように言いました。「私にはあなたが拒否をする理由が理解できません。私はあなたを助けたいのです。私はあなたを助けたいのです。あなたの神がそうさせているのでしょう。その神は、私たちが悲惨な状況の中苦しんでいる姿を上から見ているだけで、指一本さえ動かさない。あなたができることは、自分の身を自分で守ることだけなのです。神はあなたを助けはしません」。父は彼に次のように答えました。「誰が私にそうさせているのかは分かりません。もしそれが神だとしたら、私は神のためにMalach HaMavet(死の天使)にはなりません。神のために死の天使にはなるようなことはありません」。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.