証言者の歴史

ベンジャミン・(ベリル)・フェレンツ

ベンはルーマニアのトランシルバニアのカルパティア山脈にある小さな村で生まれました。 彼が幼いときに、家族は米国に移り住みました。 ベンはハーバード大学に通い、刑法を勉強しました。 1943年にハーバード大学法学部を卒業し、西ヨーロッパへの連合国軍の侵攻に備えて訓練中だった米軍の高射砲部隊に加わりました。 ヨーロッパの第二次世界大戦が終結すると、ベンは米軍の戦争犯罪捜査部門に転任し、背後関係の証拠収集および申し立てを受けたナチ戦犯の逮捕を担当しました。 最終的に彼は、ニュルンベルク継続裁判のアインザッツグルッペン訴訟で米国の検事総長に就任しました。

謄本

収容所の解放が間近に迫ると、ドイツ軍はまだ歩いたり働いたりできる収容者を移動させようとしました。 重病人は殺されるか、置き去りにされて死にました。 彼らは人々を行進させました。 人々は行進しました。フロッセンビュルクからダッハウかどこかの収容所だったと思います。 森を通って夜に行進しました。誰かが途中でつまずくと、すぐに撃たれました。誰かが止まってじゃがいもを拾おうとしたり、根などを食べようとしたりすると、撃たれました。 私は森の中の足跡をたどって、集団墓地を突き止めました。10人から50人は殺されていました。 私が近所の農夫に「人々を掘り出してください」と言うと、 彼らは「昨夜、銃声が聞こえました。銃撃があったんですよ」と言いました。 「どこですか?」 「森の向こうです。」 私は「行きましょう」と言いました。 私たちは森に出かけ、新たに掘り起こされた場所を見つけました。私は「スコップをいくつか取ってください」と言いました。私は道路にいたドイツ人を呼び止め、「そのスコップを取って、掘り起こしてください」と言いました。私たちは死体を掘り出しました。明らかに人々は頭を撃ち抜かれていました。 多くの場合、頭蓋骨の上部は吹き飛ばされていました。おそらく、ひざまずいて後ろから撃たれたのでしょう。縛られたままの人もいました。死体は少しだけ覆い隠されていました。土を15センチぐらいかけたような状態でした。 このようにして、私は道に沿って行われた犯罪の痕跡をたどることができました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.