証言者の歴史

カイム・エンゲル

1939年、カイムのポーランド軍における在任期間が終わりに近付いていたころ、ドイツがポーランドに侵攻しました。 ドイツ軍はカイムを捕まえ、強制労働のためにドイツに送りました。 カイムはユダヤ人捕虜として、後にポーランドに返されました。 最終的に彼はソビボル収容所に移送され、そこで彼の家族全員が亡くなりました。 1943年のソビボル蜂起で、カイムは護衛兵を殺し、 後になって結婚したガールフレンドのセルマと脱出しました。 2人はある農場主のところでかくまってもらい、1944年6月にソ連軍によって解放されました。

謄本

2人が事務室に行ってドイツ人を殺すことになっていました。 直前になってそのうちの1人が怖くなり、行かないと言い出しました。 私はそこで話を聞いていました。既に10人から12人のドイツ人が殺されたことを知っていました。 どうなるかはわかっていました。 ここから出なければ、死が待っていました。 セルマが先の尖ったナイフを私に持ってきました。 私が行くと言いました。 移送された人々が持参した家庭用品などがすべて保管されている倉庫がありました。この倉庫は遠くなかったので、セルマはそこに行き、先の尖ったナイフを選んできました。 彼女が私にナイフを渡し、私は他の仲間と一緒に行きました。 私は英雄や勇敢な男になりたかったわけではありません。それは自己防衛であり、生き残るためでした。 もし私が行わなければ、計画が台無しになる恐れがありました。 そこで私は本能的に決めました。 決断というより、むしろ本能的な反応でした。「やらせてくれ。やるしかない」と思って行きました。 私は仲間と事務室に行って、ドイツ人を殺しました。 ナイフを突き刺すたびに、「これは父の分だ、母の分だ、お前が殺したユダヤ人全員の分だ」と叫びました。 ナイフが手から滑り、私は怪我をしました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.