証言者の歴史

カイム・エンゲル

1939年、カイムのポーランド軍における在任期間が終わりに近付いていたころ、ドイツがポーランドに侵攻しました。 ドイツ軍はカイムを捕まえ、強制労働のためにドイツに送りました。 カイムはユダヤ人捕虜として、後にポーランドに返されました。 最終的に彼はソビボル収容所に移送され、そこで彼の家族全員が亡くなりました。 1943年のソビボル蜂起で、カイムは護衛兵を殺し、 後になって結婚したガールフレンドのセルマと脱出しました。 2人はある農場主のところでかくまってもらい、1944年6月にソ連軍によって解放されました。

謄本

私たちは、既に殺されたドイツ人がいることを知っていました。 既に私たちはそこで行われていることを知っていたので、来るはずのない場所に思いがけなく誰かがやって来て、何が起こったかを見つけないようにと、ただ願っていました。 もし見つかっていたら、私たちは全員殺され、失敗に終わっていたでしょう。 どういうわけか私たちは運が良かったのです。 どこかでドイツ人を殺し、正門に来るまでは、すべて計画どおりに進みました。 ところが、人々がそこら中を逃げ回ったので、収容所全体に気づかれてしまいました。ある人は地雷の犠牲になりました。 まったく逃げ出さなかった者もいました。 彼らはあきらめていたので、 逃げたくありませんでした。 殺されるまでただ待っていました。 しかし、若い人で逃げる勇気のある人は必死で逃げました。 そしてたくさんの人が正門に走って来ました。 私たちが宿舎の横まで走って行くと、そこには機関銃を持った親衛隊下士官のカール・フレンゼルがいました。彼は撃ち始めました。 さらにたくさんの人々が走ってきました。私は機関銃が怖かったのでしり込みしましたが、「ここにいたら死ぬ。どうにかなるかもしれない」と判断すると、 セルマの手を引いて走り、何度か転びながらも、どうにか門を通り抜けました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.