証言者の歴史

ダヴィト・(ドゥディ)・ベルクマン

ダヴィトの住んでいた町は以前ハンガリーに併合された地域で、1944年にドイツ軍によって占領されました。ダヴィトはアウシュビッツに送られ、そこから父親と共にプワシュフに移送されました。 その後、ダヴィトはグロス・ローゼン収容所を経て、ライヒェンバッハ(ランゲンビーラウ)に送られました。 ダヴィトは、ダッハウ収容所に家畜用運搬車で送られた150人の中で生き残った3人のうちの1人でした。 インスブルックから米軍とドイツ軍の戦闘地域の前線に向かう死の行進を終えた後で解放されました。

謄本

ダッハウに到着したとき、私は既に気を失っていました。150人のうち私を含めた3人だけが生き延びたのです。 残りの人たちは全員、その場で息絶えていました。 誰かが私の両腕を、別の誰かが両足を掴み、担架に載せて火葬場に運ぼうとしました。 そのとき誰かが気づいたのです。 私を担架で運んでいる誰かが、私の手の動きに気づき、まだ生きているとわかってくれたのです。 その人は自分の命を賭けて、私を宿舎に運び込みました。 そこはシャワー室のようでした。 そのときは放心状態で、自分がどこにいるかよくわかりませんでした。 私は、 自分がバスルームに来てそこで目が覚め、実は死んでいることに気づいたのだと思いました。 別の世界にいるようでした。 「この人たちは何をしているんだろう? ここはどこなんだ?」 完全に放心状態でした。 自分がどこにいるかさえもわかりませんでした。誰か近くにきて、何が起きたかを説明してくれました。「もう少しで火葬場に放り込まれるところだったんだ。すんでのところで、まだ生きているとわかったんだ。 こんなに若くして生き延びることができたのは君が初めてだよ」と言われました。 彼らは私を宿舎にかくまってくれました。 私がそこにいることは秘密でした。 彼らは私を英雄として扱ってくれました。 囚人の中には父親である者が何人もいました。彼らは私に、君が生き残れたのだから、自分の子供もどこかで生き延びているかもしれないと言いました。 私は宿舎に内緒で隠れていたので、配給される食料に私の分は入っていませんでした。配給されたのは1人につきパン1枚で、これは火葬場に送られるまでかろうじて命をつなぐ量でした。 囚人たちはその乏しい配給のパンのひとかけを私のために取り分け、それを集めてパン1枚分にして私にくれました。 そして、「ダヴィト、君は生き残って、世界中にこの出来事を伝えなければいけないよ」と言いました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.