証言者の歴史

エステル・ラーブ

エステルは、ポーランドのヘルムでユダヤ人の中産階級の家庭に生まれました。 1942年12月、彼女は労働収容所からドイツ占領下のポーランドのソビボル絶滅収容所に移送されました。 ソビボルに到着した後、エステルは仕分け小屋での仕事に選ばれました。 収容所で殺害された人々の衣類や所持品を仕分けする仕事でした。 1943年の夏から秋にかけて、エステルはソビボル収容所で他の囚人たちと暴動と脱走の計画を立てていました。 そのグループのリーダーだったのは、レオン・フェルドヘンドラーとアレクサンドル(サーシャ)ペシェルスキーでした。 1943年10月14日に暴動が起きました。ドイツ人とウクライナ人の護衛兵が囚人たちに発砲し始め、正門には近付けなくなりました。そこで囚人たちは収容所の周りの地雷原を通って脱走を試みました。300人ほどが逃れました。 そのうち100人以上は捕まり、射殺されました。 エステルは無事に逃げおおせて生き延びた人々の中にいました。

謄本

移送団の多くは夜間に到着しましたが、ときには日中に来ることもありました。収容所の指揮官が吹く笛が移送団到着の合図でした。収容所内の男性たちは囚人や積荷を下ろす準備にかかりました。笛の音を聞くと、身体の中から引き裂かれるような気持ちがしました。 送られてくる人々の中には大人だけでなく、子供や老人もいました。悪いことなど何もしたことがない人たち。彼らはこの世からいなくなるのです。でも何も言えない。反抗もできない。ただ気持ちを募らせるだけ。復讐、憤慨、怒り、痛み、そうした気持ちがふくらんでいくだけです。移送された人たちは昼間に着くこともあり、ときには人数が多すぎて受け入れができないこともありました。そんなときには建物の後ろの鉄条網を張り巡らせた場所に行かせ、行ったり来たり歩かせるのです。囚人にはここで労働するのだと言っているので、それを信じ込ませるためにです。 彼らのそばを歩いてその顔を見るのは辛いことでした。あと30分で彼らはここからいなくなる。でもそれを言うことはできませんでした。 笑顔を見せることはできませんでしたが、できるだけ優しい顔を見せました。 でも、それはとても辛いことでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.