証言者の歴史

エステル・ラーブ

エステルは、ポーランドのヘルムでユダヤ人の中産階級の家庭に生まれました。 1942年12月、彼女は労働収容所からドイツ占領下のポーランドのソビボル絶滅収容所に移送されました。 ソビボルに到着した後、エステルは仕分け小屋での仕事に選ばれました。 収容所で殺害された人々の衣類や所持品を仕分けする仕事でした。 1943年の夏から秋にかけて、エステルはソビボル収容所で他の囚人たちと暴動と脱走の計画を立てていました。 そのグループのリーダーだったのは、レオン・フェルドヘンドラーとアレクサンドル(サーシャ)ペシェルスキーでした。 1943年10月14日に暴動が起きました。ドイツ人とウクライナ人の護衛兵が囚人たちに発砲し始め、正門には近付けなくなりました。そこで囚人たちは収容所の周りの地雷原を通って脱走を試みました。300人ほどが逃れました。 そのうち100人以上は捕まり、射殺されました。 エステルは無事に逃げおおせて生き延びた人々の中にいました。

謄本

私たちは木立の奥深くに隠れていたので、そこで何が行われているか誰にもわかりませんでした。 私たちは暴動と報復について考え始めました。そうすれば生き延びられると思ったんです。馬鹿げた考えだったかもしれませんが、生き残る勇気を与えてくれました。自分たちが立てた自分たちの計画だったからです。 計画はほとんど意味のないものでした。少なくとも最初のうちは。でも、計画を立てていると、自分たちが外に無事逃れて、ナチが皆殺され、私たちがどんどん逃げる様子が目に浮かびました。 1943年の多分2月だったと思います。レオン・フェルドヘンドラーが移送中に選ばれて連れてこられました。私とレオンは義理の従兄弟どうしでした。私はレオンにここで起きていることを話しました。誰かが移送されてくると、ここから誰かが移されること。ここで10人が殺されると、次の移送から別の10人が選び出されることを話しました。 彼は「逃げなきゃ駄目だ」と言いました。でも、どうやって?と尋ねると、「必ず方法があるはずだ。絶対に逃げるんだ」と言いました。 私たちは計画を立て始め、ミーティングを行いました。これには注意が必要なので、少数だけが参加しました。ミーティングに参加すると、何かをしている、計画を立てている、何かをやろうとしている、という実感がわきました。 成功すれば素晴らしいことです。 失敗すれば、背中に銃弾を浴びます。でも、それはガス室よりましでした。 私は、ガス室には絶対に行かないと決心しました。走って逃げる。あいつらは銃弾を無駄にすることになる。そして計画を続けました。これにより生きる力を与えられました。もしかしたら報復できるかもしれない、今ではそれができない人たちに代わって私たちがそれを実現できるかもしれないと思いました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Share This