証言者の歴史

リア・ハマースタイン・シルバースタイン

リアは、ポーランドのワルシャワ郊外のプラガで育ちました。 彼女はハッショーメール・ハッツァーイール・シオニスト青年運動に参加していました。 ドイツが1939年9月にポーランドを侵略すると、ユダヤ人はワルシャワのゲットーに強制的に住まわされ、ドイツ軍はこのゲットーを1940年11月に封鎖しました。ゲットーの中で、リアはハッショーメール・ハッツァーイールの仲間たちと一緒に住んでいました。 1941年9月に、彼女と青年グループの仲間たちはゲットーから脱出し、ポーランドのチェンストホーバの近くにあるザーキのハッショーメール・ハッツァーイール農場にたどり着きました。 1942年5月にリアは地下組織の秘密工作員となり、ポーランドの偽造書類を使用してクラクフ・ゲットーとその近くのプラショフ強制収容所の間を行き来しました。 状況が悪化してくると彼女はタルヌフに逃げましたが、その後すぐにクラクフに戻ることを決心しました。 リアはチェンストホーバとワルシャワで非ユダヤ系ポーランド人を装い、ユダヤ国家委員会とユダヤ人戦闘組織(ZOB)の秘密工作員を務めました。 1944年のワルシャワのポーランド人反乱では人民軍のユダヤ人部隊と共に戦い、ソ連軍によって解放されました。 戦後、彼女は人々がポーランドから移住するのを援助し、彼女自身はイスラエルに向かった後、米国に移住しました。

謄本

我々はまもなく自分たちの組織をまとめ、任務を得ました。つまり、我々の指揮者、イツハク・ツケルマンなどのグループの最上位にいた人々から任務を再び割り当てられましたのです。私が彼の名前をほかの人たちよりも頻繁に口にするのは、ハッショーメール・ハッツァーイールのほとんどすべての指揮者たちが戦争で命を落としたためです。ほかに残っているのはハイカ・グロスマンくらいです。 そして、我々はユダヤ人の集結地点を設けるためだけでなく、解放されたユダヤ人を捜索するための人員を送り出すための準備を開始しました。 人々がソ連軍によって解放されたとき、最初に頭に浮かんだことは、自分たちがかつて住んでいた場所に戻ることでした。 生存者はいないか、家は残っていないか、救助できるものはないかなどを確認するための、それは自然な本能でした。 ですから、私は捜索作業を別の女性と行う任務を割り当てられたのです。 別の女性の名前はクリシア・ビダーマンといいました。 本当は彼女の本名はサラ・ビダーマンで、クリシアは戦争中の彼女の偽名でした。 我々はユダヤ人生存者を探してポーランド中を回り、彼らを見つけていったのです。 そしてときにはこれらの再会はかなりの感情を伴い、言葉では言い表せないものです。 我々が本当に生存者であるという実感は、まだ沸きませんでした。 また状況が変わるのではないかという心配が常につきまとっていました。 長年の間、我々は追い込まれた動物のように生きてきました。 それが意識にしみこんでいるのです。 その感情を取り払い、危険は去ったのだと信じることは、非常に難しいことです。 自己防衛のメカニズムがまだすべて身についていて、多くの場合、人々は自分がユダヤ人であることを認めるのをためらっていました。 多くの場所では、人々は我々と話をしたがりませんでした。 彼らは我々が誰であるかを知らなかったのです。 でも、行き先でとても温かく迎えてもらったこともありました。 一度、どこだったか場所の名前も覚えていないのですが、小さな場所に行ったときに、そこにユダヤ人家族がいてとても温かく迎えてくれたことがありました。 我々は常に移動し続けていて疲れ果てていたのですが、おいしい夕食とベッドを用意してくれて、体を洗うこともできました。それは戦争前に行われていた真のユダヤ人のもてなしでした。戦争中はそのようなもてなしは欠如していましたが、再び徐々に生活に戻りつつありました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.