証言者の歴史

モリス・コーンバーグ

モリスは非常に信心深いユダヤ人家庭に育ち、シオニスト・スポーツリーグで活躍していました。 ドイツ軍が1939年9月にポーランドを侵略したとき、モリスの住む町はかなりの打撃を受けました。 モリスの家族はゲットーに強制的に住まわされ、モリスは強制労働に駆り出されました。 プシェドブシュから約30マイル離れたコンスキーの町にしばらく監禁された後、モリスはアウシュビッツ強制収容所に移送されました。 彼はアウシュビッツのヤヴィショヴィッツ補助収容所に割り当てられました。 1945年1月に、モリスは死の行進に加わることを強制され、まずブーヘンヴァルト強制収容所のトロエグリッツ補助収容所に送られ、その後テレージエンシュタットに送られました。 戦後、彼はチェコスロバキアとドイツにしばらく滞在した後、米国に移住しました。

謄本

そして彼らは直ちに暴力をふるい始めました。ゲシュタポや親衛隊がいて、誰かが通ると、それが誰であるかにかかわらず、殴り続けたのです。 そしてついに我々が収容所の中に入ると、強制収容所の縞模様の囚人服を着た人たちがそこにいました。 その囚人班長たちが、我々に話し始めました。「ここがアウシュビッツだ。」 「ここでおまえたちが長く生き延びることはない。 1日、もしくは2日でも生きられたら、それがせいぜいここで生き延びることのできる期間だ。」 同じように、彼らは我々を追い回し、殴り、追い回し、殴りました。そしてまるで犯罪者のようにあらゆる角度から写真を撮られたのです。 彼らは私の服を取り上げ、私の名前が書かれた袋に入れるように命じました。 そして次に我々の頭を刈り、どこに行っても常に我々を殴ったのです。 そして我々は消毒室に連れて行かれました。そこには塩素の入った、つまり塩素水で満たされた非常に大きな容器があり、我々はそこに入らされて消毒されたのです。 次に、服を取りに行かされ、同じように、どこに行ってもどこに入っても、殴られ続けたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.