証言者の歴史

サム・イツコヴィッツ

ドイツ軍は1939年9月にポーランドを侵略しました。マコウが占領されると、サムはソ連領土に逃げました。 彼は条款によりマコウに戻され、強制的にゲットーに収容されました。 1942年に、彼はアウシュビッツに移送されました。 ソ連軍が1944年に進軍してくると、サムをはじめとする収容者たちはドイツの収容所に送られました。 収容者たちは1945年の前半に、死の行進を強いられました。サムは爆撃中に逃亡した後、米軍によって解放されました。

謄本

一番後ろの戦車のスピードが落ちて、彼らは私が森の中から出てくるのを見たのです。私をドイツ人だと思ったのか、停止して私を捕虜として連行しようとしました。 でも、彼らは私のユニフォームを見て、さらに私の状態に気付きました。彼の言ったことはここで繰り返したくありません。 彼は悪態をつき始め...(笑)、兵士っぽく「ちくしょう...」などと言ったのです。 そしてポケットの中に手を入れて、1枚のチョコレートを取り出しました。 そしてそれを私にくれたのです。そのチョコレートはセミスイートで、とても固いものでした。 それは栄養を与えてくれました。 私はこの固いものをかみ砕こうとしました。 丸ごと飲み込めるものならそうしたと思います。 でもできなかったので、私はそれをなめ始めました。そして彼はそこに立ちつくし、私のことをずっと見つめていました。彼はポケットに手を突っ込んで、1箱のたばこをくれました。 私はたばこを吸わなかったので、それを自分のポケットにしまいました。 次に、彼はK号携帯食、つまりクラッカー、スパム(肉の缶詰)など、持っていたものをすべて与えてくれたのです。私はまるでおもちゃ屋に行った子供のようでした。 そして、彼は私の肩を叩き、「医者」と言ったのです。 彼は、私のために医者を呼んでくると伝えようとしていました。その通りに、10分くらい経つと、医者か衛生兵のような人を連れてきてくれたのです。 その人は私を見ると、合図をしました。 担架を持ってきて私を載せ、広場の仮設病院に運んでいったのです。 そこには、ユダヤ人と思われる医者がいました。 彼は私を見て、面倒を見てくれました。最初のうちは、食べ物を何もくれませんでした。 与えられたのはお茶と、少しのスキムミルクで溶かした穀粉でした。私は馬さえ食べられるほど飢えていたのです。 彼は何度も叫び続けました。「ゆっくり、ゆっくり。」 そのとき私はこう思ったのです。「ここにいてゆっくりしていたら、殺されてしまうぞ。ヒトラーにも殺されなかったのに、こいつに殺されてしまう。」 でも、徐々に、2時間おきくらいに、食べ物を増やしてくれたのです。 そしてやっと私は、彼が私のためを思ってしてくれていることを理解しました。 私はまだ空腹で、2、3日経っても、食べることを止められませんでした。 彼は側に座って、テーブルに置いてある食べ物、ハッシュポテト、ベーコン、ソーセージ、などのあらゆるものを私がむさぼり食うのを見ていました。 私は4日間このように食べ続け、ようやく満腹になったのです。


  • Jewish Community Federation of Richmond
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.