証言者の歴史

サミュエル・グルーバー

ポーランド人兵士であったサミュエルは、戦闘中に負傷し、ドイツ軍の捕虜となりました。 戦争が続くにつれて、彼や他のユダヤ人捕虜は非常に残酷な扱いを受けるようになりました。 彼が収容されていた収容所の1つにルブリン・リポヴァがありました。ここで彼らはマイダネク強制収容所の建設のための労働を強いられました。 1942年に彼はドイツ軍から脱走し、終戦までの期間を武装パルチザングループのリーダーとして過ごしました。

謄本

私がテーブルに座っていたとき、そこに若いドイツ人の女性がいました。 私はドイツ語を流ちょうに話せます。 私は彼女に話しかけ、彼女も私に話しかけてきて、自分のことを気に入ってくれたように感じました。彼女はユダヤ人について話し始め、ユダヤ人のせいで戦争が始まり、ユダヤ人のせいでこのようなことになったと言い始めたのです。 私は彼女に率直に尋ねてみました。「ユダヤ人に会ったことがありますか?」 彼女は答えました。「いいえ、ありません。」 私は聞いてみました。「それではどうしてそれがわかるのですか?」 彼女は言いました。「ヒトラーが彼らは殺人者で、これこれこうだと言っていました。そして彼らには角があるんです。」と言ったのです。 「彼らには角があるんです。ユダヤ人には角があるんです。」 私は思わず「お嬢さん、私はユダヤ人です。でも角はありませんよ。」 彼女はショック死するところでした。 そのとき彼女が見せた表情は忘れることができません。彼女はその店から飛び出しました。非常に動揺している様子でした。 その後彼女は戻ってきて、こう言ったのです。「あなたは嘘をついているわ。 あなたがユダヤ人であるはずはありません。」 私は制服姿の見栄えのいい青年だったので、彼女には信じられなかったのです。 そしてそれが、ユダヤ人のイメージでした。 彼らは、ユダヤ人が誰だかさえ知らなかったのでしょう。 ただ、彼らにとってユダヤ人のイメージは、角を持った恐ろしい人物か、悪魔のようなものだったのです。 ユダヤ人は、普通の人ではなかったのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.