証言者の歴史

ティナ・ストロボス

ティナは1940年5月にドイツ軍がオランダを侵略したとき、医学生でした。彼女と女子学生クラブのメンバーたちは地下組織に加わり、戦争が始まったときからユダヤ人を自宅に匿ってきました。 ティナはユダヤ人の子供たちのために隠れ場所を見つけ、パスポートを偽造し、地下組織の秘密工作員として活動しました。

謄本

たとえば、電話が掛かってきて、「ここの住所のこの人を迎えに行って、その人のその後の住まいがはっきりするまで預かってもらえますか?」などと頼まれたのです。 これはほとんどすべて暗号でやりとりしました。 そしてその場所に出向いて、たとえば小さな3歳児を預かったのです。 それから、彼らは私に電話をしてきて、こう言ったりします。「イングハウゼンまたはホーンのところまで出かけてもらえませんか?」 そして私は、何らかの密輸品を移送する必要があることを理解したのです。その密輸品とは、イギリスの連絡相手のための無線送信機などでした。 もちろん、それは非常に危険なことでした。 彼らは、小さなチェックポイントを設けていました。あれは何と呼ぶのでしょうか。 道路のあちこちに設けられた、兵士が駐屯している小さな木造小屋のチェックポイントでした。彼らは通行者を検査して、食べ物を持っていると取り上げて、自分たちのものにしていました。 ときには自転車が奪われることもありました。それが許されたのです。自転車を取り上げられたら、どこから来たかにかかわらず、家まで歩いて帰らなければなりませんでした。 そして、無線送信機を持っていたら、射殺されたのです。 私はそのような物を運んでいたのです。 また、ドイツ国防軍から盗んだ武器を隠すこともありました。 何かを2日間くらい預かる必要があるときには、電話がかかってきました。でも通常は、2日よりも長い期間でした。 そして、夜の8時を1分でも過ぎて通りに出ていると、逮捕され、拘置所に送られました。 そして、兵士が殺されたり、線路が爆破されたりするなどの破壊活動が行われたときには、拘置所の拘禁者が必ず選び出されました。彼らは100人を選び出して、射殺したのです。 これらは罪のない、収容所または拘置所の人々でした。 罪がないとはどういうことかと言うと、夜間外出禁止時刻に1分遅れただけなどです。 しかし、誰かを国内に連れてこなければならなかったときに、夜間外出禁止時刻までに戻ることは非常に困難でした。 私は時には夜間に移動しなければなりませんでした。 そして8時を過ぎると、暗闇の中を戸口から戸口へとこそこそ歩いて自分の隠れ場所を探しながら、家に戻ったのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.