アニメーションマップ

ウッチのゲットー

ウッチは、戦前のポーランドでは、ワルシャワについで、二番目に大きなユダヤ人の人口を持っていました。1939年9月にドイツ軍がウッチを占領しました。1940年2月初旬、ドイツ軍はウッチにゲットーを設立し、1.5マイル四方のエリアの中に15万人を超えるユダヤ人を押し込めました。1941年と1942の間に、およそ4万人の中央ヨーロッパのユダヤ人と5千人のロマ民族(ジプシー)もまたゲットーの中に強制収容されました。1942年の1月から9月の間に、75,000人以上のゲットーの住人がウッチからヘウムノの絶滅収容所に移送されました。1944年の春にはすでに、ウッチのゲットーはドイツ占領下のポーランドでは最後の施設になっていました。その夏の間に、ドイツ軍は残っていたユダヤ人を、そのほとんどをアウシュビッツに移送しました。

謄本

ウッチの産業都市はポーランドのワルシャワから南西に121キロほどのところに位置していました。ウッチのユダヤ人は、戦前のポーランドでワルシャワに次いで2番目に大きなユダヤ人コミュニティーでした。

ドイツ軍はウッチを、1939年9月1日のドイツ軍によるポーランドの侵入から一週間後に占領しました。

1940年2月、ドイツ軍はウッチの街の最北地域にゲットーを設立しました。15万人以上のユダヤ人が指定されたエリアの中に移動するように強制されてから、このエリアは1940年4月に封鎖されてしまいました。

モルデハイ・ハイム・ルムコフスキはナチスに指名されたユダヤ人評議会の議長でした。ナチスの指令を実現する装置と化して、ユダヤ人評議会当局者は恐るべきモラル上のジレンマに直面していました。

ルムコフスキは、ゲットー全体を通じて、工場の労働人口として、ゲットーの人々を組織していました。

彼は、ユダヤ人の労働力をドイツ軍の生産力に不可欠なものにすることが、ウッチのゲットーの破壊を阻むことになるだろうと主張していました。

1941年と1942年で、4万人近い中央ヨーロッパのユダヤ人がウッチのゲットーに移送されました。オーストリアからの5千人のロマ民族(ジプシー)もまた、ウッチに移送され、ゲットーの隔離されたエリアに閉じ込められました。

重労働、人口過密、そして飢餓がゲットーでの生活を言い表す最たる特徴でした。ゲットーの人口の内20パーセント以上が生活環境の苛酷さが直接の原因で死亡しました。

1942年1月、ドイツ軍はウッチのゲットーから、72キロ西にあるヘウムノ絶滅収容所に向けて、ユダヤ人の大規模な強制移送を始めました。

ユダヤ人はゲットー全体の集荷場に集められてから、強制的に満員の列車に乗せられました。

1942年9月の終わりまでに、7万人以上のユダヤ人と5千人ほどのロマ民族がヘウムノに移送され、そこでそのほとんどが密閉されたガストラックの中で殺されました。

1942年9月と1944年5月の間には、ウッチのゲットーから大規模な強制移送はなく、ゲットーは広大な労働キャンプの様相を呈しました。

ドイツ軍のゲットーに居住していた労働者の圧倒的大部分は、貧相な食料の配給を受け取っているだけでした。

1944年の春に、ドイツ軍はウッチのゲットーを破壊することを決断しましたが、その時までには、ポーランドに残っていた最後のゲットーになっていました。ヘウムノへの強制移送は1944年の6月と7月に再開されました。

ドイツ軍はゲットーの破壊を、ルムコフスキも含まれていたおよそ75,000人のユダヤ人を、アウシュビッツ・ビルケナウでの彼らの死へと強制移送することによって、8月に完了しました。

ソビエト軍が1945年1月にウッチを解放しました。ウッチのゲットーが存在していた期間に、20万人を超えるユダヤ人が同ゲットーに強制収容されました。

ウッチ内では、姿を隠していたか強制労働部隊の中にいたかの千人未満のユダヤ人が生き延びました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

Share This