ホロコーストの余波 (簡約記事)

1945年、連合国軍がナチスの強制収容所に侵入すると、大量殺戮が行われたことを物語る、死体、骨、遺灰の山を発見しました。また、ユダヤ人とユダヤ人以外の何千人もの生存者も見つかりました。彼らは飢えと病に苦しんでいました。解放後、多くのユダヤ人生存者は、根強い反ユダヤ主義(ユダヤ人に対する嫌悪)のために、以前住んでいた家に戻ることをためらいました。家に戻った人々は、自分たちの命が脅かされるのではないかと恐れていました。移り住む場所もない、家を失った何万人ものホロコースト生存者たちは、他の西ヨーロッパ諸国へ移動していきました。そこで彼らは数百か所の難民センターや難民キャンプに収容されました。

さまざまなユダヤ人機関がこのような難民を救済するために努力しました。難民たちも独自の組織を結成しました。Jewish Brigade Group(英国軍のパレスチナユダヤ人部隊)は1944年後半に結成されました。この部隊は、中央ヨーロッパに退去していた元パルチザン兵士と共に、ユダヤ人難民のヨーロッパからパレスチナへの脱出を支援しました。1947年に英国は、4,500人のホロコースト生存者を乗せてパレスチナに向かった船、Exodus 1947号をドイツに強制送還しました。パレスチナへの移住を拒否されたほとんどのユダヤ人難民は、地中海にあるキプロス島の仮収容所に収容されました。1948年5月にイスラエルが建国されると、ユダヤ人難民は新たな独立国に流入し始めました。ヨーロッパのユダヤ人難民の中には、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、西ヨーロッパ、メキシコ、南米、南アフリカに移住した者もいました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.