ユダヤ人レジスタンス (簡約記事)

ユダヤ人はナチスの主な犠牲者でしたが、集団としても個人としても、さまざまな方法で迫害に抵抗しました。組織化された武装レジスタンスは、ドイツ軍占領下のヨーロッパにおけるナチス政策に対するユダヤ人の最も強力な抵抗でした。ユダヤ人市民は、占領下のポーランドやソ連の100か所以上のゲットーで武力による抵抗を企てました。最も有名な抵抗は1943年の4月から5月にかけて発生しました。ワルシャワゲットーのユダヤ人が武装蜂起を起こし、火炎瓶や手榴弾などの小型武器でドイツ軍の戦車を攻撃したのです。この反乱をドイツ軍が完全に鎮圧するまでに1か月近くかかりました。ユダヤ人の囚人も3か所の絶滅収容所で護衛兵に対して反乱を起こしました。1943年8月にはトレブリンカで、1943年10月にはソビボルで、盗んだ武器で武装した囚人が収容所のドイツ兵を攻撃しました。ドイツ軍とその補助部隊は反乱者のほとんどを殺害しました。1944年10月には、アウシュビッツ・ビルケナウ収容所で囚人が護衛兵に対して反乱を起こしました。この戦闘で約250人の囚人が死亡し、反乱の鎮圧後、親衛隊の護衛兵はさらに200人を射殺しました。

ドイツ軍の占領下にあったか、ドイツと同盟関係にあった多くの国々では、ユダヤ人レジスタンスは主に支援活動や救援活動を行いました。ドイツ軍占領下のヨーロッパ全域で、ユダヤ人は隠れ家や食料を探したり、身を守るための偽造身分証明書を入手したりするうえで互いに助け合いました。1944年、パレスチナのユダヤ人機関はひそかに落下傘部隊をハンガリーとスロバキアに送り込み、潜伏中のユダヤ人を支援しました。数万人のユダヤ人が、ベルギー、フランス、イタリア、ポーランド、ユーゴスラビア、ギリシャ、スロバキアで国民レジスタンス運動のメンバーとして戦い、またソ連のパルチザン部隊と共に戦いました。ゲットーや収容所のユダヤ人も、さまざまな精神的抵抗の形でナチスの迫害に立ち向かいました。彼らはユダヤ人の歴史や社会生活を維持するために努力を重ねました。これらの努力には、ユダヤ人文化団体の設立、宗教上の祝日や儀式の存続、秘密裏の教育の提供、地下新聞の発行、文書の収集と隠蔽などが含まれます。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.