ホロコースト時代の女性たち (簡約記事)

ナチス政権は、ユダヤ人とユダヤ人以外の女性に対して残酷な迫害を行いました。ときには女性だけを対象にした迫害もあったのです。一部の強制収容所や、収容所内の一部の領域は、女性囚人専用となっていました。1939年5月、女性用としては最大の規模を持つラーフェンスブリュック強制収容所が開設されました。1945年にソ連軍によって解放されるまでに、10万人以上の女性がこの強制収容所に投獄されました。ユダヤ人の妊婦や小さな子供の母親は絶滅収容所に送られ、ガス室で殺害する最初のグループに含められることがよくありました。収容所とゲットーの両方において、女性は特に暴力や強姦の被害に遭いました。ユダヤ人の妊婦は、妊娠していることを隠そうとしました。妊娠が発覚すると、中絶を強制されたためです。ユダヤ人やロマ族(ジプシー)の女性はドイツ人医師による不妊実験の対象にもなりました。

女性はさまざまなレジスタンス活動で重要な役割を果たしました。特に社会主義者、共産主義者、シオニズムの青年運動に関与していた女性たちです。多くの女性はポーランド東部やソ連の森林地帯に逃亡し、武装パルチザン部隊に加わりました。ゲットーのレジスタンス組織のリーダーやメンバーになった女性もいました。強制収容所内部でレジスタンス活動をしていた女性もいました。1944年10月にアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所で発生した反乱では、5人のユダヤ人女性囚人が火薬を調達し、ガス室の爆破や数人の親衛隊員の殺害に使われました。ホロコースト時代には、数百万人の女性が迫害され、殺害されました。しかし結局のところ、彼女たちは女性という性別ではなく、ナチスの人種差別階層や宗教的または政治的関係に基づいた分類によって標的とされたのです。