歴史映画の場面

オーストリアの難民キャンプ

第二次世界大戦後、連合国は数百万人の難民(DP)を祖国に帰還させました。 しかし、25万人を超えるユダヤ人難民を含む数十万人の人々は、祖国に戻ることができないか、戻ることを拒みました。 ほとんどのユダヤ人難民は、ヨーロッパを離れてパレスチナか米国に向かうことを望みました。 連合国救済復興機関(UNRRA)は、彼らが再び定住するまでの間、これらの人々を占領下のドイツおよびオーストリアのキャンプに収容しました。 これらのキャンプにおいて、ユダヤ人難民たちは子供を育てながら、最後の目的地であるパレスチナへの移住準備を進めていました。

謄本

ここオーストリアでは、数千人のユダヤ人難民がまだ家のないまま、
仕事を続け、希望を持ち続けていましたが、生活のほとんどはUNRRAに
頼っていました。 山々を背景とした青空教室では、
子供たちが読み書きと算数の勉強に励んでいました。
この英語のクラスで子供たちが習う最初の文章は、
キャンプの滞在者全員の希望と夢を表しています。
たとえ普通の家を知らなくても、子供たちは快活さを
保持しています。 ヨーロッパがすべての人々に公正になるように問題を
解決しない限り、彼らには暗い将来が待ち受けています。


  • UCLA Film and Television Archive
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.