歴史映画の場面

ゲッペルスがユダヤ人による文化の破壊を訴える

この映像は、ナチスの宣伝および公教育大臣であるヨーゼフ・ゲッペルスが1935年9月にニュルンベルグで開催されたナチ党議会で行った演説を示しています。 この演説の中で、狂信的な反ユダヤ主義者であったゲッペルスは、ボリシェヴィキソ連共産主義を国際的なユダヤ人社会と関連付け、西洋文明を破壊する目的を持ったユダヤ人による国際的陰謀の疑惑をナチ党の党員に警告しました。 ゲッペルスはユダヤ教および他のいわゆる「反ドイツ主義」の影響をナチス・ドイツの文化機関から排除するための運動を先導していきました。

謄本

国家社会主義はヨーロッパ文化の新しい見解と信条をもたらした一方で、ボリシェヴィキソ連共産主義は文化自体に対してユダヤ人が指揮する国際的に下等な人種たちによる宣戦の布告をもたらしました。 これは、反ブルジョア主義であるだけでなく、反文化的です。 これは最終的には、西洋文明によってもたらされたすべての経済的、社会的、国家的、文化的、および文明化の進歩が、ユダヤ人社会を代表する、根なしで遊牧的な国際陰謀者たちのために完全に破壊されることを意味します。


タグ


  • Bundesarchiv Filmarchiv
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.