カイム・エンゲル

カイム・エンゲル

生まれました: 1916

ポーランド、ブルジェウ

カイムの家族は小さな町の出身で、彼の父は町で布地店を営んでいました。 ブルジェウで反ユダヤのポグロムが勃発したとき、エンゲル一家は産業都市のウッチに移り住みました。 そのときカイムは5歳でした。 ウッチで彼は、宗教的でない教育も行っているユダヤ人学校に通っていました。 中学校を終えた後、カイムは叔父の繊維工場に働きに行きました。

1933-39: ウッチの隣人はほとんどがユダヤ人だったので、友人のほとんどはユダヤ人でした。 成人したばかりの私は、兵役に就きました。 兵役期間が終わろうとしていたわずか2週間前の1939年9月1日に、ドイツがポーランドに侵攻しました。 数週間後、私は捕虜として捕らえられました。 あるドイツ人の捕虜連行者は私がユダヤ人であることに気づきましたが撃ち殺しませんでした。私は強制労働のためにドイツに連れて行かれました。

1940-44: 1940年3月にユダヤ人捕虜はすべてポーランドに帰されました。 私は1942年の夏にソビボルの死の収容所に移送されました。1943年10月に囚人の小さな集団が暴動を起こしました。 私は監督官を刺し殺しました。 ナイフを突き刺すたびに、「これは父の分だ、母の分だ、お前が殺したユダヤ人全員の分だ」と叫びました。 ナイフが滑って自分の体を傷つけ、血まみれになってしまいました。 大混乱に陥りました。多くの囚人はメインゲートから逃げ出しました。 地雷を踏んだ者もいました。 あきらめて逃げ出さなかった者もいました。 私はガールフレンドを連れ出し、2人で森の中に逃げました。

カイムはガールフレンドのセルマとポーランドの森に隠れていました。 戦後、彼らは結婚して、ヨーロッパとイスラエルに住んでいました。 エンゲル一家は1957年に米国に移住しました。