デビッド・ビルンバウム

デビッド・ビルンバウム

生まれました: 1918

ポーランド、ラドム

家族や友人から「ドゥデク」と呼ばれていたデビッドは、ユダヤ人が多く住むラドムという町の出身でした。デビッドの家族はシオン主義の活動に関わっており、デビッドは毎日午後に公立学校から帰った後、ユダヤ人の神学校に通っていました。父親は醸造所を経営していました。

1933~39年:1939年9月1日にドイツ軍がポーランドに侵攻し、1939年9月8日にラドムは占領されました。ドイツ軍はユダヤ人男性を奴隷労働者として働かせるために捕らえたので、ビルンバウム一家は実用的な技術があれば容認される可能性があることを知っていました。デビッドと2人の兄弟は早速、電気技師をしていた義兄に弟子入りしました。

1940~44年:1940年の夏に、ラドムの数千人の若い男性がソ連との国境近くにある労働収容所に移送されました。デビッドはボラノブ収容所に送られましたが、手に職があったため建設現場の監督に任命されました。デビッドはその後4年以上にわたって、他の労働収容所や強制収容所にも移送されましたが、電気技師としての技術があったため、生き延びました。

戦後、デビッドは米国に移住し、1969年に自動車事故で亡くなりました。