エマ・フロイント

エマ・フロイント

生まれました: October 14, 1893

ドイツ、キッペンハイム・バイ・ラール

6人兄弟の上から2番目として生まれたエマは、ドイツ南西部の小さな町でユダヤ教を重んじる両親に育てられました。家族は第一次世界大戦後、工業都市マンハイムに落ち着きました。そこでエマは1924年に男の子、そして1930年に女の子を産みました。エマは、夫の事業を手伝っていました。

1933~39年:ナチスが政権を握るようになってから、エマの夫は事業を失いました。エマの妹のリンチェンは南アフリカに移住し、弟のアルトゥルはナチスによりダッハウに移送されました。1938年の「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)にナチスが地元のシナゴーグやユダヤ人学校を焼き払ったとき、エマと夫は14歳になる息子をイギリスへ送ること決めました。エマと夫はドイツに残りました。夫はナチスがそれまで以上に自分たちを迫害できることはないと考えたのです。

1940~42年:1940年10月22日、フロイント一家はマンハイムから移住する準備をし、駅のそばに集まるよう命じられました。彼らはその命令に背き、マンハイム郊外に住むユダヤ人家庭に身を隠しましたが発見されてしまいました。フロイント一家は南フランスにあるギュルス収容所に移送されました。エマと娘は夫と離ればなれになり、その後、別のリヴサルト収容所に移送されました。エマは病気になりましたが、ユダヤ人子供支援協会がエマの娘を収容所から救出することに成功しました。

エマは1942年8月にドランシー通過収容所に移送されました。8月14日にはアウシュビッツに移送され、到着と同時にガス室で殺害されました。48歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.