ガブリエレ・ワイドナー

ガブリエレ・ワイドナー

生まれました: August 17, 1914

ベルギー、ブリュッセル

ガブリエレは、オランダ人の両親のもとに生まれた4人の子供の2番目でした。父親はセブンスデー・アドベンチスト教会の牧師でした。ガブリエレは、父が牧師を務めていた、スイスとの国境近くにあるフランスのコローニュで育ちました。ガブリエレは、16歳のときにセブンスデー・アドベンチスト教会で洗礼を受け、英国のロンドンの中等学校に通いました。

1933年〜1939年: ガブリエレは、セブンスデー・アドベンチスト教会でますます活動的になり、ついにパリにあるセブンスデー・アドベンチスト教会本部のフランス・ベルギー支部の書記になりました。西欧で学生時代を過ごした経験と外国語の知識が宗教活動に非常に役立ちました。1939年9月3日、ドイツがポーランドに侵攻して2日後、フランスがドイツに宣戦布告しました。

1940年〜1944年: ドイツ軍は1940年5月にフランスに侵攻し、ガブリエレは南へ逃れました。休戦後、ガブリエレはパリに戻り、教会での宗教活動を再開しました。1944年2月26日土曜日、ガブリエレは午前10時から始まった教会礼拝中にゲシュタポに逮捕されました。オランダ系ユダヤ人や政治亡命者を手助けした「オランダ・パリ」ネットワークの140人と共に、ガブリエレの関与が拷問を受けた仲間のメンバーによって証言されました。8月24日、ガブリエレはパリのフレスネ刑務所からドイツのラーフェンスブリュック収容所に移送されました。

ソ連軍による解放のわずか2日前の1945年2月17日、ガブリエレは栄養失調からラーフェンスブリュックの補助収容所であるケーニヒスベルクで亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.