ゲルダ・ブラックマン

ゲルダ・ブラックマン

生まれました: April 24, 1923

ドイツ、ブレスラウ

ゲルダは、ユダヤ人の両親のもとに生まれた一人娘でした。 彼らは、オーデル川沿いの大きな産業都市ブレスラウに住んでいました。 第2次世界大戦の前、ブレスラウのユダヤ人コミュニティはドイツ第3の規模でした。 彼女の父は、大型機械設備や建築資材を扱う会社の営業員として働いていました。 ゲルダは、9歳のときにカトリック系の女子校への入学を許可されるまで、公立学校に通っていました。

1933-39: 私は町を歩き回って、ユザヤ人ポグロム直後の光景を目にしました。 ユダヤ人の商店の窓は粉砕されていました。 焼き討ちに遭ったシナゴーグはくすぶり続けていました。 私はドイツを離れるように両親に懇願しました。 数ヶ月後、両親は私を逃がすことを決意しました。 私たちはキューバのビザを取得し、1939年5月13日にセントルイス号でハンブルグを発ちました。27日目にキューバに着いた私たちは、ビザが無効だと告げられました。 入国を拒否され、私たちはヨーロッパに引き返すしかありませんでした。

1940-44: 農婦に変装した母と私は、干し草を積んだ荷車を走らせ、ドイツ国境の警備を通り過ぎて、フランスとスイスの国境にある農家に向かっていました。 私たちは小さな峡谷を歩き、小川を渡って、正式な国境を示す有刺鉄線を張った柵をくぐり抜けました。 しかし、スイスの国境警備隊に捕らえられ、1晩拘留されました。 次の日、私たちは他の避難民と一緒に列車に乗せられました。 私たちがどこに向かっているのか、私たちがこれからどうなるのか誰も教えてくれませんでした。

ゲルダはスイスにある難民キャンプで2年間抑留され、戦争が終わるまでベルンのブラウス製造工場で働きました。 彼女は1949年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.