ハシア・リブキナ

ハシア・リブキナ

生まれました: 1923

ベラルーシ、ミンスク

ハシアはベラルーシの首都、ミンスクのユダヤ人一家の3人娘の長女として生まれました。第二次世界大戦が始まる以前は、街の人口の三分の一以上がユダヤ人でした。ハシアの父親は国営の家具工場に勤務していて、父方の親戚にも同業に就いている人たちが数人いました。ハシアは、1920年代後半から1930年代初頭にかけてソ連の公立学校に通いました。

1933-39: リブキナ家の住まいは、ミンスクの中心地のノヴォメスニツカヤ通りにありました。ハシアは歌手として才能があり、近所でも一番上手な歌手として知られていました。若い頃、彼女はソ連の青年組織ヤングパイオニアズのメンバーでした。1930年代後半まで、ミンスクはドイツ軍の侵攻を逃れるポーランド人難民でいっぱいでした。

1940-43: 1941年6月27日、侵攻を続けるドイツ軍がミンスクに到達しました。ハシアの家はその翌日に爆撃され、8月にミンスクのゲットーに強制移送されるまで、家族は路上生活をしていました。ロシア革命記念日の11月7日、ドイツ軍によるユダヤ人一斉検挙が行われる中、ハシアと家族はゲットーのアパートに隠れていました。その場を離れることは、移送される危険または死を意味しました。待つことは苦悶でした。ドイツ軍がまもなく来ることは明らかでした。ハシアの父親は、家族みんなを落ち着かせるために、ユダヤ人の歴史を語りました。

1941年の移送は逃れましたが、2年後にハシアの家族は移送されました。ハシアの姉ベルタはゲットーから逃げましたが、残りの家族の消息は途絶えました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.