ハインツ・ローゼンベルグ

ハインツ・ローゼンベルグ

生まれました: September 15, 1921

ドイツ、ゲッティンゲン

ハインツはドイツの大学都市ゲッティンゲンで、ユダヤ人一家の3人兄弟の末っ子として生まれました。彼の父親はリネン工場を経営していました。ハインツの祖父がこの工場を設立して以来、ずっと家族経営を続けてきました。ゲッティンゲンのユダヤ人人口は少なく、シナゴーグは1つだけでした。ハインツは町の公立学校に通いました。

1933年〜1939年: 1933年にナチスはドイツで政権を握りました。1年後、工場は停止され、3人の突撃隊の男たちが私たちの家にやってきました。上官はテーブルの上に銃を置き、一家が1週間以内に出て行かなければ、一家も家具も窓から放り投げると父に告げました。1か月も経たないうちに私たちはハンブルクに移り住みました。ナチスの命令で、私は学校に通うことを禁止されたため、複数の仕事を掛け持ちで働きました。また、強制労働者としてナチスに指名されました。

1940年〜1944年: 1941年、私も家族も、「ユダヤ人である私は国家の敵として移送されます」と書かれた書類に強制的に署名させられました。私たちは、東部で働くことになると言われました。家族の多くは、「事態はそれほど悪い訳ではないだろうし、すぐ家に帰ってこれるだろう」と考えていました。列車に乗り、4日間かけてソ連のミンスクに着きました。列車から降りるとき、屋根のない家畜運搬車に押し込められたソ連軍捕虜に対して、護衛兵が一切れのパンを投げ入れるのを目にしました。飢えた捕虜たちがパンを奪い合うと、ドイツ軍の護衛兵が彼らを射殺しました。そして私は、もう家に戻ることはないだろうと悟ったのです。

ハインツは、1943年までミンスクのゲットーで過ごし、その後2年間は、11か所ものナチス収容所に移送されました。彼は、ミンスクのゲットーに何万人もいたユダヤ人のうち、生き延びたわずか数名の1人です。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.