ヘレーネ・ヘルタ・カッツ・ヴォールファールト

ヘレーネ・ヘルタ・カッツ・ヴォールファールト

生まれました: April 14, 1909

ドイツ、オッフェンバハ

ヘルタと呼ばれていたヘレーネは、フランクフルトに近いマイン川の町でロシア系ユダヤ人の父とドイツ系ユダヤ人の母から生まれました。父親は1890年にロシアからドイツに移住し、母親は結婚したときに夫のロシア市民権を自動的に取得しました。1914年にロシアとドイツが戦争をし、ドイツに住んでいたロシア人は「敵の外国人」と見なされました。

1933~39年:ヘルタは1933年にシーグフリート・ヴォールファールトと結婚し、「無国籍」の状態から夫のドイツ市民権を受け継ぐことができました。ナチスが権力を握ると、シーグフリートはユダヤ人であるため仕事を解雇されました。ヘルタは市民権を取得したので、ドイツのパスポートを取って国を出ることができました。1934年に夫婦はアムステルダムに向かいました。そこでヘルタは娘のドリスを産み、1937年にはインテリアデザイナーになっていました。

1940~44年:1940年5月にドイツがオランダを占領しました。ヴォールファールト家が1942年7月15日の午前1時半に労働収容所行きの列車の駅に集合するように言われたとき、ジークフリートとヘレーネは地下に潜る決心をしました。娘をキリスト教徒の友人に預けるときに寂しがらないように、夫妻は1年間娘にキスやハグをしないで準備をしました。オランダの地下組織の援助で、ヘレーネとジークフリートは1944年8月25日まで隠れ家を転々としていましたが、ついに2人とも逮捕されました。

ヘルタはアウシュビッツへの移送を生き抜き、1945年5月9日にクラッツォ労働収容所でロシア軍によって解放されました。ヘルタと娘は1947年に米国へ移住しました。