イズィア・ピエンクナウィス

イズィア・ピエンクナウィス

生まれました: 1920

ポーランド、カウシン

イズィアは2人姉妹の長女として、ユダヤ人家庭に生まれました。一家は、ワルシャワの56キロ東に位置する、ユダヤ人が多く住んでいた小さな町カウシンで暮らしていました。イズィアの父は酒屋を経営しており、母は専業主婦でした。イズィアは、同じ公立学校に通うユダヤ人の友達と非常に親しくしており、放課後や休暇中でも多くの時間を一緒に過ごしていました。

1933年〜1939年:気持ちのいい夏の晩には、いつも友達と出かけました。メインストリートを一緒に歩いて、菓子屋に行くのが好きでした。たまには、レクリエーション活動のために夜間も開いていている校舎に立ち寄って、ドミノやチェッカーをすることもありました。でもその頃には、みんな戦争の勃発を恐れて、家で過ごしていました。ニュースでは、毎日ポーランド軍とドイツ軍の国境での小競り合いが報道されていました。

1940年〜1942年:ドイツ軍がカウシンを占領しました。市長はドイツ軍の命令で、ユダヤ人協議会を選出し、そのメンバーとして私の父や友達のマイリックの父も選ばれました。ユダヤ人評議会は、ユダヤ人衛生委員会で働くメンバーとして、マイリックと私を含む若者を選出しました。私の仕事の1つは、町に残っている唯一のユダヤ人用浴場に女性たちを連れて行って、入浴してもらうことでした。その頃、シラミによって媒介される発疹チフスが何件か発症していたため、それ以上広がらないように努めました。

1942年9月、イズィアの両親を含む約3,000人のユダヤ人が絶滅収容所に移送されました。その年の12月には、22歳のイズィアもこの収容所に送られ、そこで命を落としました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.