イルセ・シルテン

イルセ・シルテン

生まれました: February 23, 1909

ドイツ、ベルリン

イルセは、イルセ・テピヒとして、ドイツの首都ベルリンに住むユダヤ人一家の2人娘の長女として生まれました。父親は市内でドライクリーニング事業を経営していました。イルセは中学校を卒業すると、写真家になるためスイスの学校に通いました。1931年、フリッツ・シルテンと結婚しました。

1933〜1939年:1933年、イルセは一人娘のガブリエルを生みました。その5年後、フリッツの父親がナチスによって「アーリア系」ドイツ人に事業を売るように強制されると [アーリア化]、フリッツはベルリンから家族を連れ出すことにしました。フリッツはアムステルダルへ行き、薬局を開くと、イルセと娘を呼び寄せました。フリッツの母親のマルタもその1年後に同居しました。

1940〜1944年:1940年5月、ドイツ軍がアムステルダムを占領しました。その後間もなく、イルセの夫はドイツ人に任命されたユダヤ人評議会に指名されました。アムステルダムのユダヤ人のほとんどが市内のゲットーに狩り集められましたが、イルセとその家族は自分たちのアパートに留まることを許されました。1943年6月、シルテン一家はヴェステルボルク通過収容所に移送されました。その1か月後、移送を拒んでイルセの義母は自殺しました。1944年初頭、イルセとその家族はチェコスロバキアにあるテレージエンシュタットのゲットーに移送されました。

イルセ、フリッツ、ガブリエルは、ソ連軍がテレージエンシュタットを占領した1945年5月に解放されました。同じ年の6月に、シルテン一家はアムステルダムに戻りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.