ヤコブ・ワッサーマン

ヤコブ・ワッサーマン

生まれました: February 28, 1926

ポーランド、クラクフ

ヤコブは、クラクフで信心深いユダヤ人両親のもとに生まれた3人兄弟の長男でした。彼の父は小麦粉商人でした。ワッサーマン家は、製粉工場を経営していた祖父が所有していたプロショビツェの農場で夏期休暇を過ごしました。

1933年〜1939年: 1939年3月、13歳のときに、私はバル・ミツバー(成人式)を迎えました。その夏、私たちは例年のように祖父の農場で休暇を過ごしました。休暇から戻ると、悪夢のような状況になっていました。クラクフは9月6日にドイツ軍に占領されていました。ユダヤ人は歩道を歩くことも、路面電車に乗ることも、自分のラジオを所有することさえも許されませんでした。ユダヤ人は頻繁に誘拐されて暴行を受けていたため、私たちは道を歩くことさえも恐れていました。

1940年〜1945年: 1940年、私たちは農場に避難しました。ある土曜日の朝、地元地域のユダヤ人が一斉検挙されました。プロショビツェへの強制的な行進中に、ポーランド人警官がなぜ「おはようございます」と挨拶をしなかったのかと問いただしてきました。その警官のそばには2人の死体が横たわっていました。私が近づくと、その警官は拳銃に弾丸を装填して、私に向けました。私が通り過ぎようとしたときに、私は銃身で鼻とあごを殴りつけられました。私は逃げて列の中に紛れ込み、その警察官は私の代わりに他の人を射殺しました。その4日後、父と共に私はプロコチム収容所に移送されました。

ヤコブは、その後終戦までの期間を強制労働収容所で過ごしました。1947年、ヤコブは不法にパレスチナへの移住を試みましたが、英国によってキプロスに拘留されました。1948年、彼はイスラエルに定住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.