ヨーゼフ・ミューシャ・ミューラー

ヨーゼフ・ミューシャ・ミューラー

生まれました: 1932

ドイツ、ビッターフィールド

ヨーゼフは、ドイツのビッターフェルトでジプシーの両親のもとに生まれました。 理由はわかりませんが、彼は1歳半までの間、孤児院で育てられました。 ヨーゼフが生まれた頃、ドイツにはシンティ族やロマ族のジプシーが約26,000人住んでいました。 そのほとんどはドイツ国民でしたが、彼らはしばしば他のドイツ人と差別され、嫌がらせを受けていました。

1933-39: ヨーゼフは1歳半のとき、ビッターフェルトから20マイルほど離れたハレという町に住む養家に引き取られました。 その同じ年に、ナチス党が政権に就きました。 ヨーゼフは学校に入ると、しばしば教室で嫌がらせの対象となり、「悪い行い」をとがめられて殴られました。 また、ヒトラー青年隊に入っている級友たちから「ろくでなし」、「混血」のような侮蔑の言葉を浴びせられました。

1940-44: ヨーゼフは12歳のとき、2人の見知らぬ人によって教室から連れ出されました。彼らはヨーゼフが「虫垂炎」であり、緊急に手術が必要だと言ったのです。 彼は抵抗しましたが、殴られ、力づくで手術室に連れて行かれて断種されました。これは、ナチの法律によって合法化された処置であり、ジプシーを含めた「反社会的」種族の強制的な断種を許可するものでした。 ヨーゼフは回復後、ベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されることになっていましたが、養父が彼を病院からこっそりと抜け出させ、匿いました。

ヨーゼフは庭の納屋に5か月間隠れて、戦争を生き延びました。