ヨーゼフ・フォン・ホッペン・ワルトホルン

ヨーゼフ・フォン・ホッペン・ワルトホルン

生まれました: November 14, 1930

フランス、パリ

ヨーゼフは、移住してきたユダヤ人の両親のもとに三人兄弟の末っ子として生まれました。ポーランド生まれの父親は元オーストリア・ハンガリー軍の将校で、ハンガリー生まれのヨーゼフの母親と第一次大戦中に知り合い結婚しました。ヨーゼフは信心深い家庭で育ち、フランス語を話しました。

1933-39: 母は、自分が育った貧しい村よりも、パリのほうがずっと良いと言っていました。母はかたことのフランス語しか話せませんでしたが、姉と私はパリで育ったのでフランス語を流暢に話しました。私はロスチャイルド家が資金を提供した特別な公立学校に通いました。父はドイツのユダヤ人にはひどいことが起きているが、ここでは心配ないと言っていました。

1940-44: 私はパリから逃れ、フランス西部のシーズにある友人の姉の農家にかくまってもらっていました。1年ほど前に私が9歳だった頃、ドイツ兵がパリを占領しました。最初はまったく危険はありませんでした。フランス国外で生まれて、ただちに収容所に更迭される恐れがある両親と違って、私はフランス市民でした。1941年にドイツ軍が父を移送した後で私はパリを逃れました。偽造の身分証明書を手に入れ、名前をジョルジュ・ゲランと変えました。姉妹も偽造身分証明書を手に入れ、アレンコン近くで事務職に就きました。

ヨーゼフの姉妹はアレンコンで見つかり逮捕されました。ヨーゼフは戦争が終わるまで隠れ続け、1949年にアメリカ合衆国に移民しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.