ジョセフィン・コーン・デルマー

ジョセフィン・コーン・デルマー

生まれました: 1887

オーストリア、ウィーン

ジョセフィンは親しみを込めてペピと呼ばれ、兄と3人の姉妹とウィーンで育ちました。父親は毛皮商を営み、母親は専業主婦でした。ペピが結婚してほんの数年後、突然彼女の夫が亡くなり、ペピは幼い息子のフレッドと残されてしまいました。彼女と息子は、妻を亡くした父親のもとに身を寄せました。

1933-39: ペピは多くの時間を姉のヘレンと過ごしました。ヘレンの夫はシンガーミシンの代表でした。1937年の夏、ペピとフレッドは、ヘレンと彼女の夫が行く販売旅行に加わりオーストリアの田舎に行きました。1938年にドイツがオーストリアを併合すると、ペピとフレッドはヘレンとその家族と一緒に、オランダを経由してブリュッセルに密入国する手はずを整えました。そこで彼らは不法難民として、ユダヤ人コミュニティによって保護されました。

1940-42: 1940年にドイツがベルギーを占領し、1942年の春、フレッドはドイツ当局から出頭するよう召喚状を受け取りました。フレッドは出頭することを決心し、「戦争活動のための労働」に連れて行かれると言われました。フレッドが連れ去られた後ペピは意気消沈し怒りに震え、10代の息子の出頭を思いとどまらせるために何かできたに違いない、息子は身をひそめることができたに違いないと思いました。

ペピは二度と息子に会うことはありませんでした。1942年秋の後半、彼女はブリュッセルでの強制捜査によって逮捕され、ナチスの絶滅収容所で亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.