メンデル・ローゼンブリット

メンデル・ローゼンブリット

生まれました: November 13, 1907

ポーランド、ウクフ

メンデルは、信仰心の厚いユダヤ人の家庭に生まれた6人の子供たちの1人でした。メンデルは、20代前半で結婚して、妻と共にワルシャワ近郊のボウォミンという妻の故郷に引っ越しました。ローゼンブリット家に息子アブラハムが生まれて1週間後、メンデルの妻は亡くなりました。若い妻を亡くした悲しみと残された赤ん坊の世話のため、メンデルは義妹のペレールと結婚しました。

1933年〜1939年: メンデルはボウォミンで材木置き場を経営していました。1935年、ローゼンブリット家に娘のトヴァが誕生しました。就学年齢に達すると、アブラハムとトヴァはユダヤ人の昼間学校に通い、一般科目はポーランド語で、ユダヤ教関連科目はヘブライ語で学びました。1939年9月1日にドイツがポーランドに侵攻したとき、アブラハムは8歳、トヴァは4歳でした。

1940年〜1944年: 1940年の秋までに、ローゼンブリット一家はワルシャワゲットーに移送されました。1943年4月のゲットー蜂起中に、メンデルとその家族はワルシャワ郊外に何とか逃亡することができました。混乱の中家族の誰かが道に迷っていなくなった場合は、指定の農家に全員が集まることを家族で決めました。突如としてアブラハムがいなくなりました。ペレールは、アブラハムを探しに出て行きましたが、二度と戻りませんでした。メンデルは、しばらくして家族で決めていた農家で裸足のアブラハムを見つけました。その後間もなく、メンデル、アブラハム、トヴァは逮捕され、アウシュビッツに移送されました。

アウシュビッツでは、メンデルは重労働に選別されました。子供たちはガス室で殺害されました。1947年、メンデルは米国に移住し、新しい家族と生活を始めました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.