ピンカス・ジェールヤノヴィッツ

ピンカス・ジェールヤノヴィッツ

生まれました: January 21, 1921

ポーランド、ミエフフ

ピンカスは、ポーランド中南部にあるミエフフの街に住む大家族のもとに生まれました。彼の父は機械工と錠前屋でした。ピンカスは、ユダヤ人学校ではヘブライ語を、公立学校では一般科目を熱心に学んでいました。彼は、ハッショーメール・ハッツァーイールというシオニストの青年組織に所属して、ユダヤ人サッカーチームのレフトウイングを担当しました。

1933年〜1939年: 13歳で学校を卒業すると、建設業者の店で機械工と鍛冶職人の弟子として働き始めました。1939年にドイツ軍がポーランドに侵攻すると、両親は私と兄のハーシェルをポーランドのソ連占領下にある地区に逃がすことにしました。歩いて移動する私たちは、車両で移動するドイツ軍にはかなわず、ミエフフから東に約240キロのところで追い付かれました。もう、家に戻るしかありませんでした。

1940年〜1944年: ミエフフで私はドイツ兵の車両の修理を担当していましたが、後に、ドイツ軍のクラクフ空軍基地に移されました。1943年7月、クラクフの郊外、プラショフに移送されました。ここは、ナチスが非常に古いユダヤ人墓地の上に強制労働収容所を建設した場所です。ここで、私は機械工および鍛冶職人として父と共に働きました。毎日、ナチス親衛隊がユダヤ人を射殺したり、犬に襲わせて死に追いやったりする光景を目にしました。収容所の司令官、ゲートはいつも大きな犬を2匹連れていました。「行け!誰かを襲ってこい!」と、彼は日課のように自分の犬に命令していたため、いつ自分の死が訪れるかわからない状況でした。

1945年の初め、ピンカスはアウシュビッツに移送されました。2週間にも及ぶ死の行進を生き延びた数少ない生存者の1人であった彼は、同年4月にダッハウ収容所付近で解放されました。彼は1948年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.