サビーナ・シュワルツ

サビーナ・シュワルツ

生まれました: February 24, 1923

ポーランド、ワルシャワ

サビーナは、ワルシャワ南東部の小さな工業都市ピョトルクフ・トリブナルスキのユダヤ人の家庭で育ちました。一家は非ユダヤ人地区で暮らしていました。父親は実業家で、母親は教師でした。自宅での会話は、イディッシュ語とポーランド語でした。1929年、サビーナは、公立学校に入学し、その後、ユダヤ人の中等学校へと進学しました。

1933年〜1939年: 1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。4日後、ドイツ軍は私たちの街に侵攻してきました。占領後1か月して、父は自分の事業をあきらめざるを得ず、私も学校を辞めなければななりませんでした。そして、私たち家族5人はドイツ軍が設置したゲットーに強制的に連行されました。私たちは、他の家族とアパートを共有することになりました。数ブロック先にいるドイツ軍がパトロールする音や石畳を歩くときに重く響きわたる靴音が聞こえました。

1940年〜1944年: 1942年、ゲットーは一掃され、私のポーランド人の女友達だったダヌータとマリアは、私と妹にポーランドの偽装IDカードを作ってくれました。最後の一斉検挙の前夜、私たちは脱出し、彼女たちの家に隠れました。2週間後、私と妹は誰も私たちを知らないドイツで、強制労働を強いられました。私はドイツ軍将校専用のホテルのメイドでした。彼らのうちの1人が私の家族はユダヤ系かどうかを尋ねました。彼は人類学者で、私の耳と顔立ちがユダヤ系だと言いました。私は腹を立てたように見せかけ、仕事を続けました。

サビーナは、1945年4月27日に米軍によって、ドイツのレーゲンスブルクで解放されました。その後、1950年に米国に移住し、眼科医としてのキャリアを積みました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.