ウィルヘルム・カサロー

ウィルヘルム・カサロー

生まれました: September 4, 1914

ドイツ、ボーフム

第一次大戦の開戦時に生まれたウィルヘルムは、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世にちなんで名づけられました。長男であったウィルヘルムはルターで育ちましたが、戦後、両親がエホバの証人になり、その信仰に従って子供達を育てました。1931年以後、バッド・リップスプリンゲという田舎町にあった彼らの家は、エホバの証人の活動拠点として知られるようになりました。

1933~39年:エホバの証人たちは最高の忠誠はヒットラーではなく神に尽くすことと信じていたため、カサローはナチス警察に厳しく監視されていました。カサローの家は何度も捜索され、宗教的な文献が押収されました。ウィルヘルムの父親が2度逮捕された後も、彼らは仲間の証人たちに隠れ家を提供し、家で違法に聖書研究の集いを開いていました。

1940年:ドイツは1939年9月から戦争をしており、ウィルヘルムは「汝殺すなかれ」という戒律を守り、ドイツ軍への入隊を拒否して逮捕されました。ウィルヘルムにとって、神の法がヒットラーの法律より大切だったのです。裁判官と検索当局は彼の気持ちを変えようとしました。「邪悪で破滅的な」信仰を捨てれば処刑命令を撤回すると言いました。ウィルヘルムは拒否しました。裁判所は死刑を宣告しました。

弁護人によると、ウィルヘルムは「彼は信念に基づいて死去しました。」そうです。1940年4月27日、ムエンスター刑務所で銃殺隊によって射殺されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.