ズデンカ・ポッペル

ズデンカ・ポッペル

生まれました: September 16, 1909

チェコスロバキア、コリネツ

ズデンカは4人きょうだいの一人としてユダヤ人家庭に生まれ、チェコスロバキア南西部のドイツ国境にほど近いコリネツという町に住んでいました。ズデンカの父親は農業と木材の伐採を行い、穀物商を営んでいました。ボヘミア山脈の麓に位置するコリネツは、四方を高い山々に囲まれていました。ズデンカはクラトヴィという近くの町のビジネススクールに通い、1927年には叔父と共にプラハに移り住みました。

1933年〜1939年:1932年にドイツで反ユダヤ主義が高まっていることを母がとても心配していたのを覚えています。母はドイツに関するラジオ放送を聴いた後で、私たちに向かって「ユダヤ人にとってこれからひどいことが起こる」といいました。姉と私は、「チェコスロバキアは民主主義だから、そんなことはありえない」と答えました。しかし、1938年の秋には、西欧諸国がドイツにズデーテン地方の併合を許し、1939年3月15日にボヘミア地方はドイツに占領されました。

1940年〜1944年:私は1942年に、テレージエンシュタットに移送されました。そこはナチスがユダヤ人を「慈悲深く」扱っていることを示すために利用された「モデルゲットー」でした。ある日、ドイツ軍の撮影班がゲットーにやってきたときに、私が通りかかると、私は脇に押しのけられました。彼らはドイツ人が持つユダヤ人の典型的なイメージに当てはまる、地味で鼻の大きな人たちのみを撮影していたのです。1944年7月にナチスは赤十字社にゲットーの視察を許可しました。視察の前に、ナチスは美化プロジェクトを命じ、見せ掛けの公園や学校を設置しました。撮影班は「美しい」ゲットーを撮影して帰って行きました。

1944年にズデンカはエーダーアン強制収容所に移送され、爆薬工場で働きました。エーダーアン強制収容所の囚人は後にテレージエンシュタットに送られ、1945年5月に解放されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.