スザナ・グルンベルガー

スザナ・グルンベルガー

生まれました: March 3, 1933

チェコスロバキア、コシツェ

スザナは、コシツェの町でハンガリー語を話すユダヤ人の両親のもとに生まれた3人の子供の末っ子でした。一家のおちびちゃんとして、「スージー」と呼ばれていました。スザナの父親は仕立て職人で、グルンベルガー家のアパートがその作業場でした。

1933年〜1939年: 1938年11月、スザナが5歳のとき、ハンガリー軍がコシツェに進軍してきて、コシツェをハンガリー領の一部としました。ハンガリー人は、市の名称をカッサに改めました。ナチスドイツに友好的だったハンガリー政府は、コシツェに反ユダヤ主義の法律を導入しました。

1940年〜1944年: 1941年、スザナが学校に通い始めてから1年後、ハンガリーはグルンベルガー家やその他のユダヤ人家族をハンガリーの他の地域にある収容所に移送しました。グルンベルガー家は、翌年の春に解放されコシツェに戻りましたが、スザナの兄弟と父親はその後間もなく強制労働のため連行されました。1944年、スザナは母親と姉、そしてコシツェに住んでいた1万2,000人のユダヤ人と共に、ドイツ軍に協力していたハンガリー人に検挙されました。市の外れにあるレンガ工場へ連行され、列車でアウシュビッツに向かいました。

スザナとスザナの母親は、1944年5月にアウシュビッツ到着直後ガス室で殺害されました。スザナは11歳でした。