証言者の歴史

アリサ(リサ)ナスバウム・ダーマン

リサは、信心深いユダヤ人家族のもとに生まれた3人の子供のうちの1人でした。1939年にふるさとの町がドイツに占領された後、リサとリサの家族はアウグストゥフに引っ越し、その後スロニム(ソ連占領下のポーランド東部)に引っ越しました。1941年6月、ドイツ軍は、ソ連の侵略中にスロニムを占領しました。スロニムではドイツ軍がゲットーを設立し、このゲットーは1941年〜1942年の期間、存在していました。リサはしばらくしてスロニムから脱出し、グロドノを経てヴィリニュスに移動し、そこでレジスタンス運動に参加しました。彼女はパルチザングループに加わり、ナロッチの森の中にある拠点からドイツ軍と戦いました。ソ連軍は1944年にこの地域を解放しました。東欧の25万人のユダヤ人ホロコースト生存者のブリハー(「飛行」、「避難」)移行に加わったリサと夫のアロンは、ヨーロッパを脱出しようとしました。パレスチナに入ることのできなかった2人は、結果的に米国に定住しました。

謄本

丘から降りてきたときに見た光景は説明しがたいものがあります。ライフルを持った人々が歩き回り、牛の肉が吊るされ、小屋からたくさんの人が出てくる、まるでロビン・フッドの話の一場面のような光景でした。地下でレジスタンスがこんな風に機能しているとは想像もつきませんでした。レジスタンスは、だれも見つけられないような狭い場所に隠れて住んでいるのだと思っていました。この場所は、あまりにもあけっぴろげに見えました。非常にオープンであり、私たちもすぐに歓迎してもらえました。私たちは、「復讐」、ヘブライ語では「ネカマ」というユダヤ人組織に来たのです。リーダーは、ヨセフ・グラスマンでした。彼が、温かい腕を広げて私たちを受け入れてくれると、誰もがゲットーで最後に会った人々のことを知りたがりました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア