証言者の歴史

アロン・(デレチンスキ)・デルマン

アロンは、2つの世界大戦の間にポーランドの一部であったスロニムで、ユダヤ人の中産階級の家庭に生まれました。 彼の両親は衣料品店を経営していました。 テクニカルスクールで勉強した後、アロンはスロニムの近くの小さな町で映写技師として働きました。 ソ連軍が1939年9月にスロニムを占領し、1941年6月にはドイツとソ連の戦争が勃発しました。アロンはスロニムに戻りました。 ドイツ軍はまもなくスロニムを占領し、ユダヤ人をゲットーに強制移送しました。 アロンは兵器工場で強制労働に従事していたので、武器をゲットーに持ち込むことができました。 アロンはドイツ軍がゲットーを破壊した際に家族の逃亡を助けた後、逮捕されるまでグロドノで働きました。 グロドノからの移送中、アロンは家畜運搬車から飛び降りました。 最終的にグロドノから何とか脱出した彼は、ビリニュス郊外の地下組織に加わりました。 彼は戦後、スロニムのゲットーで知り合った妻と、米国のシカゴに移住しました。

謄本

夜遅く9時か10時ごろ、私たちは眠りにつこうとしていました。 眠りに落ちる間もなく、屋根の上でパチパチという音が聞こえました。 最初は庭で銃声が聞こえました。 私はその小さな中庭に住んでいました。 銃声は次々と続き、大きくなり、発砲はますます激しくなっていきました。 そして屋根の上からパチパチという音がしました。 私は「良かった、雨が降っている」と思いました。 しかしそれは雨の音ではありませんでした。 家に火がついたのです。 それは木造の家でした。火が次々に燃え移り、炎に包まれました。 私たちはやむを得ず外に出ました。夜中の1時か2時ごろだったと思います。月明かりだけが頼りでした。 何が起きているのかはすべて見えました。 どうにかして家から逃れて庭に出ると、そこはドイツ軍とソ連軍の戦闘の真っ只中でした。 何が起きていたかというと、ソ連軍の一団が残っていたのです。 前線は既にはるか遠くでした。しかし彼らは知らなかったのです。ソ連軍はここがもう前線ではないことを知らず、どういうわけか戦闘が続いていたのです。 真夜中に外に出てきた私たちは、すぐにドイツ軍に逮捕されました。 彼らは私たちを1か所に集めました。私たちはだいたい15人か18人の男女だったと思います。彼らは女性を脇へ押し退け、男性のうち帽子をかぶっている人を捕まえて、帽子を脱がせました。 そして髪の毛がない人を1か所に集めると、射殺しました。 彼らは私たちの裏庭で人々を射殺しました。 私はまだ若く、我が家を失い、そして8〜10人という恐ろしい虐殺を目撃しました。 運良く私は軍に入っておらず髪の毛があったので、彼らは私を選びませんでした。 髪の毛のない人を探した理由は恐らく、服を着替えたロシア人だと思ったからです。 そうして彼らは人々を選びました。私の父は髪の毛がほとんどありませんでしたが、年寄りに見えたのか、偶然にも選ばれませんでした。 しかし私は、なぜ自分が選ばれなかったかを知っています。彼らが人々を殺した後、私たちが大きな墓穴を掘らなければならなかったのです。 そして私たちは人々をそこへ埋葬しました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.