証言者の歴史

カイム・エンゲル

1939年、ドイツがポーランドに侵攻すると、ドイツ軍はポーランド軍の兵士だったカイムを捕えました。カイムは当初、強制労働のためにドイツに送られましたが、後にユダヤ人捕虜としてポーランドに返されました。 最終的に彼はソビボル収容所に移送され、そこで彼の家族全員が亡くなりました。 1943年のソビボル蜂起で、カイムは護衛兵を殺し、 後になって結婚したガールフレンドのセルマと脱出しました。 2人はある農場主のところでかくまってもらい、1944年6月に解放されました。

謄本

私たちは、4時に蜂起を次のように開始しようと決心しました。 私たちのような労働グループは衣服で分けられていました。各グループには2〜3人のドイツ人の看守がいました。 異なる仕事をする各グループにいる看守たちは、私たちの仕事を監視していました。 そこで私たちは、グループごとに2人を割り当て、その2人は口実を作って倉庫などへ行き、ナイフや斧で静かに何もなかったように看守を殺し、同時にワイヤを切ることにしました。 前に話したように、親衛隊下士官のグスタフ・ワーグナーが休暇を取る日に合わせるつもりでした。決して安全ではありませんが、少しはましでした。 そして私たちは、このような仕事をするために各グループに割り当てられました。 私たちが住んでいた宿舎には金細工職人、仕立屋、靴屋など、ドイツ軍のために衣服や靴などを作る人々も住んでいました。 つまり看守は仮縫いのために来る必要がありました。 そこで彼らは看守に「この日に、合わせてほしい靴と衣服がありますので 来てください」と言いました。 看守が入ってきたとき、斧やナイフを持った私たちが待っていました。 カーテンの後ろなどに隠れ、その場で殺しました。 仮縫いに来た彼らを殺し、誰にも見つからないどこかに死体を押しやりました。何もなかったように事は進みました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.