証言者の歴史

シャーリーン・シフ

シャーリーンの両親は共に地元のユダヤ人コミュニティの指導者で、家族はコミュニティの活動に熱心でした。 父親はリボブの州立大学で哲学の教授をしていました。 1939年9月1日、ドイツのポーランド侵攻によって第二次世界大戦が勃発しました。シャーリーンが住む町は1939年8月の独ソ協定でソ連占領下になった東ポーランドにありました。ソ連による占領の下で、家族はそのまま自宅に住み、父親は大学で教鞭を取り続けました。 1941年6月、ドイツがソ連に侵攻して町が占拠された後、シャーリーンの父親が逮捕されました。 それが父の姿を見た最後でした。 シャーリーンは母親と姉と共に、ホロショーでドイツ人が建設したゲットーに強制移送されました。 1942年、ドイツがゲットーを破壊するという噂を聞き、シャーリーンは母親と共にゲットーを逃げ出しました。 姉は別の経路で隠れましたが、以後の消息は途絶えました。 シャーリーンと母親は川辺の茂みの下に隠れました。追っ手の目をかわすために、時には水の中に潜ることもありました。 こうして数日が過ぎました。 ある日、シャーリーンが目を覚ますと、母親の姿がありませんでした。 シャーリーンはホロショー近くの森に一人で隠れ、やがてソ連兵によって救出されました。 彼女は後に米国に移住しました。

謄本

私たちは塀の下に2つの穴をうまく掘って、反対側にくぐり抜けられるようにしました。ユダヤ人の印であるダビデの星を外して、普通の人々にまぎれて食べ物を手に入れようとしたのです。 ときどきこれに成功して、子供たちはゲットーに食べ物を持ち帰りました。 私も何回も成功しました。 これは非常に危険なことでした。捕まることは死を意味したからです。 犯罪者は撃ち殺すように命令されていたのです。 私はとても幸運で、パン一切れ、にんじんやじゃがいも、卵などを持ち帰りました。これらは素晴らしい戦利品でした。 母は私に、これからはもうしないと約束させましたが、私は母の言いつけを守りませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.