証言者の歴史

ハナ・ミューラー・ブラムル

1942年、ハナは他のユダヤ人と共にテレージエンシュタットのゲットーに収容され、そこで看護師として働きました。 そこでは伝染病と貧困が広がる中、住民たちがオペラや討論会、詩の朗読などを行っていました。 1944年、彼女はアウシュビッツに移送されました。 1か月後、ハナはザキッシュのグロス・ローゼン収容所に送られ、そこで飛行機の部品を作る強制労働に従事しました。 ハナは1945年5月に解放されました。

謄本

その日のことは、よく覚えています。 その日、その場所、私が立っていた通りなど、すべて覚えています。その日は雪が降っていました。 寒い日に彼らはやってきました。私は一人でした。 私はそこまで歩いて行きました。 あまり遠くありませんでした。私が住んでいた場所から1.2キロぐらいだったでしょうか。私たちは、ワゴン車や戦車、半装軌車に乗って銃口を屋根に向けている兵士たちを見ていました。 雪が降っていました。 私たちは、ネジが次第にきつく締められていることを知っていました。 オーストリアでの出来事は知っていましたが、なぜかチェコスロバキアは大丈夫だという馬鹿げた考えを持っていたのです。私は11歳か12歳のころ、マラーノについて本で読んだことをよく覚えていました。 それは宗教裁判の時代のスペインに住んでいたユダヤ人の話でした。ユダヤ教を捨ててカトリックに改宗することを迫られたユダヤ人たちの多くは改宗したふりをしながら、実はユダヤ教の祭日を密かに祝い続けていたのでした。 私たちは宗教裁判にまつわるそれらの話を興味深く読みました。 そして、これは子供のころの一場面として今も覚えていることですが、「20世紀のチェコスロバキアに住んでいて、こんな体験をしなくて済むのだから、私たちはなんと幸福なのでしょうね」と祖母と話し合ったのでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.