証言者の歴史

ハンネ・ヒルシュ・リーブマン

ハンネの家族は写真館を経営していました。1940年10月、ハンネは家族と共に南フランスのギュルス収容所に送られました。1941年9月、ハンネは児童援助協会(OSE)に救出され、ル・シャンボン・シュール・リニョンの「子供の家」にかくまわれました。ハンネの母親はアウシュビッツで亡くなりました。1943年、ハンネは偽造の身分証明書を入手してスイスに逃れました。1945年にジュネーブで結婚して翌年の1946年に娘をもうけ、1948年には米国に移住しました。

謄本

児童援助協会(OSE: Oeuvre de Secours aux Enfants)の社会福祉指導員が母に会いに来て、若者を収容所から解放する支援を行っているル・シャンボンという村があることを話し、私をそこに手放す意思があるかどうかを尋ねました。母が私に行きたいかどうかを尋ねると、私は、「もちろん行きたいわ」と答えました。母は、「あなたがいないとさみしくなるわ」とか、「いかないで」というようなことは絶対に言わず、私を行かせてくれました。母は、私を愛するが故に手放したのです。親の中には、子供を手放さない人たちもいました。そうです、子供を行かせなかった親たちもいました。信じられないかもしれませんが、子供にしがみついていたのです。私の母は、私を手放しました。私は、他の6人の10代の子供たちといっしょに1941年9月にル・シャンボンに向け出発しました。そして、もちろん、ル・シャンボンは天国でした。私たちは自由でした。私たちは家に住んでいました。粗末でしたが、それでも家屋でした。食べ物はもちろんずっとよいものでした。実際に、最初の頃はいただいたパンを食べきれないほどでした。すごい量のパンだったわけではありませんが、私たちが食べきれないほどありました。私たちは常に収容所の状態を心配していましたので、あまったパンで固いトーストを作って小さな荷物にし、収容所に送りました。私たちは、全員、小さな荷物を作って送りました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.